2008年05月25日

ケーキに粉末洗剤ニュースについて

中学で道徳授業レポ・・・の前に、気になるニュースをば。

ケーキに洗剤 粉砂糖と間違え
→ http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080524ddm041040075000c.html

これは、ありそうでないニュースだ。
ガトーマスダさんといえば、私も好きなパティスリーですよ。
どっちかというと、オシャレで高級というよりは、素朴で地域密着というイメージのお店です。

この不祥事を乗り越えて、頑張って欲しいけど・・・。

ちょっと気になる点もある。

「この洗剤は強アルカリ性で刺激が強く」

という表現。
食器用の洗剤で、強アルカリなんて洗浄剤を使うものだろうか?

強アルカリ=苛性ソーダ。
弱アルカリ=炭酸ソーダ。

本当に強アルカリだったら、大変だよー。
それを飲むという前に、素手で触ったり、食器洗いに使うって環境がさ。

想像するに、たぶん食器洗浄機用の粉末アルカリ洗浄剤なんじゃないかと思うけどね。

食器洗浄機は便利だけど、界面活性剤との相性が悪い。
よって、油汚れには強アルカリの洗浄剤必須なんですよね。

ホシザキさんとか、ちゃんと軟水器付きの食器洗浄機使ってたのかな・・・。
業務用だと特に処理量も多いし、水温も高いし、軟水器入れるだけでだいぶ違うんだけど。

なーんて。
今度、飲食店向けの軟水器PRページでも作るかね。(^^ゞ

しかし、私がパン屋さんにいたときは、油っこいものも全部手洗いだったから、ある意味うらやましい話だわ・・・。

投稿者 tururiko : 02:15 | コメント (0) | トラックバック

2006年11月05日

taoさん石鹸講座&誕生日プレゼント☆

皆さん、誕生日のお祝いメッセージ、ありがとうございました!

こんなに大量にいただけると思ってなくて、ちょっとビックリしています。


 「幸せだなぁ〜、ぼかぁ・・・」(←雄三)


さて。

誕生日&翌日と、充実した2日間でした。(^^ゞ


まず3日の午前中。

カリスマソーパーこと、taoさんの石鹸講座でした。

35名の参加者が、taoさんの素敵さにうっとりしつつ、ねっとりと石鹸を仕込みました。

(詳細は、お肌ブログの方にでも書きましょう・・・明日以降ね〜)


●最大の収穫

石鹸を仕込んだ後、taoさんが6つのテーブル1つ1つを回って、質問を受け付けてくれました。

私もtaoさんに、ズバリ聞いてみました。

自分が一番気になっている軟水/硬水のこと・・・。

Q「硬水で石鹸を使うのって、どう思いますか?」

A「ココナツ油ベースにするくらいしか、対策が無いかなー。どーしようもなかったら、軟水器使うといいかも☆」


アッサリです!

しかも、期待通りの答え!!(@_@;)


石鹸を手作りしちゃうくらい好きな人の中には、2種類の目的がある・・・。


1.良いから

2.安いから


どっちも大事だけど「安いから」だけの理由で選んだ人から見るとさ。
数万円〜する軟水器なんて、とんでもない!って感じなのです。

でも、taoさんや、今回の参加者さんは「良いから」使うという方が多いはず。

そういう人と、軟水は、相性ピッタリだなぁと思いました。(*^_^*)


※taoさんちはニューヨークなのですが、実は硬度20程度なのです。
だから、日本(実家は松戸)に来たら、硬度が60位あるので、石鹸の使い心地が一気に悪くなって困るそうです。

ちなみに、主催のちこさんは軟水を使いはじめてまだ1〜2か月。
「すごい良い!」って絶賛してもらいました。嬉しい♪


それにしても、taoさんは素敵な方でした。

まるで雑誌から飛び出してきたみたいで・・・ときめきました。

ん〜バップとしか言いようが無いです。


●3日のランチ

参加者の有志で、赤坂に移動。
しのんさんのお宅近くのイタリアンで、ランチコースをいただきました。


ここのお料理、本当に美味!

しかもリーズナブル♪

ジェラード美味しすぎ☆

06-11-03_14-08.jpg

06-11-03_14-17.jpg


コースをぺろりの上に、写真1&2のような、スペシャルサービスをいただいて・・・クミコ感激☆

(こちら日本唯一のバリスタさんがいる店だそうです。さすが!)


とめどない皆さんの熱い石鹸話に、かみせきも思わず目頭がしょぼしょぼ・・・ではなく、熱くなりました。(/_;)


ワタクシ、正直手作り苦手です。(←父ゆずりのぶきっちょ)

でももうちょっと、皆さんを見習って、勉強したいって思いました☆


●夜ご飯は、フレンチ♪

夕方からは、Tちゃんとお約束。

誕生日祝いに、美味しいフレンチをご馳走になってしまいました・・・。


もうあまりに美味しくて・・・ジーパンのチャックを下ろしながらいただきました。(←セクシーコマンドー)


しかも、超リーズナブル!


ただ、ランチのイタリアンと違って、そこのサービスはちと微妙・・・


それを上回る、料理の質とコストパフォーマンス!


※予約を取らなきゃ入れない、超隠れ家系のお店です。
店名は、まだちょっと控えさせてください・・・もう1回行ってみます。(ランチで☆)


●誕生日プレゼント


Tちゃんに、お誕生日プレゼントをもらいました♪

何をもらったかといいますと・・・


× 花束

× 素敵なアクセサリー

× 美味しいケーキ


○ 名刺


上のは、私がテキトーに作って配ってたやつ。

下のが、Tちゃん(プロの紙デザイナー)作。

06-11-05_02-49.jpg


・・・全然違う。(-_-;)


この名刺に似合うように、今年はちょっと素敵なキャラになって「おしゃれ30・30」に出られるよう頑張ります☆


メッセージくれた皆さん、石鹸仲間の皆さん、Tちゃん、どうもありがとう!(*^_^*)

投稿者 tururiko : 03:32 | コメント (0) | トラックバック

2005年01月26日

恒例のハンズ・石けんチェック!

今日はなかなかアクティブに活動しました。
昼間は、パワフルな人生の師匠・Hさんと会い、元気をいただいてきました。
そして夜は、タヌさんと恒例の石けんミーティング。(という名目で、美味いものをごちそうになってしまう会・・・(^^ゞ)

今日は新宿東急ハンズの石けんコーナーを見てきました。
正直なところ、目新しい新商品が無い!
これは非常にサミシイことです・・・。がんばろう石けん。(←スローガン)

しいて気になるといえば、月桃石けんかな?
使ってみたいけど、いわゆる沖縄ブームの産物?って気もしないでもない。
石けんに含まれる保湿成分なんて、たいしたことないだろうしね。コエンザイムもしかり。

そういえば、例の(配合量どのくらいか?と疑問を抱くほど格安な)コエンザイム石けんは、パッケージがアルミ真空に変わってました。
ようやくコエンザイムが酸化しやすいことに気づいたのか、それとも高級感を出したかったのか。
成分表示は、相変わらず石けん分90%のまま。残りの10%は?という突っ込みも継続。

あとね、今回は「ソフトウォーター(軟水)にマッチする石けんはどれだろう?」というテーマで各棚を見つめてみました。

現役でハンズに並んでる老舗定番系石けんでいうと、確実に「ねば塾・丸三年熟成」と「アンクケア」をあげておきましょう。
基本は泡立ちにくい石けんね〜。特にマイルドさ追求・グリセリンソープ(透明石けん)あたりはハマるね。

といえば、アレッポ等オリーブ100%輸入系も入るよね。
あえて泡立ちのためにココナツ・ヤシを使わないですむ、という理由もあるかな。
ココヤシをどうしても20%〜配合してマルセイユにするんだったら、軟水&100%オリーブの方が肌にはあたりがやわらかいでしょう。

あとは、確実に頑固な石けんカスが出る「ステアリン酸・高配合タイプ」。
油で言えば、牛脂・パームメインの比較的安い石けんになるかな。
例の石けんカスラッシュを抑えるという意味でね。かなり後ろ向きな選択。
そうなると、シャボン玉・松山油脂・・・各社のベーシックな石けんには合うということになる。

たいていの石けんは使用感が変わるから、今まで硬水で肌に合ってたものが合わなくなるって可能性大だね。マイルドなものはよりマイルドに、シャープなものはよりシャープになるらしい。
(だから『ねば塾・いつくしみ、ね』なんかは、かなり荒っぽくなるって・・・しばらく冷蔵熟成させるのが無難でしょう)

その他、よもぐれーす(黒川温泉シリーズ)見つけたり、洗濯コーナーで怪しい8000円の洗剤を笑ったり、入浴剤コーナーの充実っぷりに驚いたり。やっぱ楽しい♪

さてさて、その前後はといいますと・・・相変わらずのグルメっぷりです。

ハンズに行く前に、高島屋10F催事場に。
全国名店の集う『味百選』をぐるっとまわって、511蓬莱の豚まん食べたり、吉野葛飲んだり、その他試食しまくり・・・天国♪
タヌさんは、葉山マーロウのプリン容器ビーカーを大量に返却しておりました。そして私は初・マーロウプリンをいただきました。う・美味い!(←結局食べた。笑)

ハンズ後は、高島屋の上にある中華屋さんで、北京ダックをパリッといただきました。
正直今までは北京ダックって「ねちょっとした鳥皮としょっぱい味噌」というイメージの食べ物だった。こんなにパリパリ美味だなんて・・・うっとり♪
でもさすがに肉まん&試食しまくりが響いて、もうお腹が大変なことに・・・うう。(>_<)

それでも締めは英国屋でハウスティー。
いつもどおり、石けん&軟水&その他(アタイの愚痴など)で盛り上がりました。あと、お腹も盛り上がってました。こんもり♪

投稿者 tururiko : 00:00 | コメント (0) | トラックバック

2005年01月04日

写真

05-01-04_14-52.jpg

投稿者 tururiko : 15:47 | コメント (0) | トラックバック

ミヨシ・マルセル固形石鹸(洗濯用)

バイト先の洗濯用石鹸が変わりました。
今までは、ミヨシの無添加100%粉せっけんだったんだけど、ミヨシの固形マルセルに。
写真撮ったけど、結構でっかくて5個パックが300円弱となかなかお得。

何故変わったかというと、アスクルで取り扱いが中止されたから。ショック〜(>_<)

一応ここはチェーン店なので、備品は基本的にアスクルかオフィスデポのどっちかで頼まないといけないのね。
私がバイトに入った時は、フキン・雑巾・タオルは基本的に汚れたら使い捨て。
たまにハイター(塩素系漂白剤)漬けおきすると、こんどは汚れは落ちるけどフキンの色柄も落ちるわ、繊維をボロボロにしちゃうわ、、むしろ寿命縮めてない?ってケアをしてたのね。

そこで私が(勝手に)洗濯革命を起こしたのさ。ふふ。
最初は自腹でそよ風でも持ち込むかって思ったけど、幸いにもアスクルでミヨシの無添加シリーズが、粉100%と泡のハンドソープの2品がラインナップしてて、ラッキー♪
店長もすぐOKしてくれて、導入しやすかったんだな。

ついでにオキシクリーン(酸素系漂白剤)もあったから、一緒に頼んでね。オキシ君の熱湯漬けおきと、粉石鹸のぬるま湯洗いで、うちの店のタオル類はいつも真っ白!よってタオルの注文も激減!
店長のみならず、タオル使い捨てで当然って思ってたみんなもびっくりの結果になって、今では私以外の店員さんも使ってくれるようになってたのに、、。

突然の打ち切りに、慌てて近所のドンキホーテに走って、唯一の無添加石鹸だった固形マルセルを買ってきたってわけ。
一応オキシクリーンは生き残ってるものの、この先心もとないわぁ。やっぱり洗面器手洗いといっても、固形を転がしてちびちび溶かすのって超めんどくさい!(←それはお前がめんどくさがりだから、、ってツッコミは正解♪)

大根おろしでゴーリゴーリして、禁忌のトロトロ石鹸でも作るか、、あっちゅーまに菌汚染されてネバネバ石鹸になっちゃうのがオチ?でもアルカリ(ケイ酸)が22%入ってるし、何日持つかやってみようかしら。(^-^;

とりあえず今のところ、汚れ落ちは悪くないね。むしろ石鹸の使い過ぎがなくて、エコ的には抜群かと。
アワアワ洗濯はビジュアル的に楽しいんだけどね〜後で洗面器がひどい汚れになるんだな。それで結局メラミンスポンジで落とすことになる、、(-.-;)

投稿者 tururiko : 15:38 | コメント (0) | トラックバック

2004年12月16日

噂のコエンザイム石けん

04-12-15_17-06.jpg


上の写真は、昨日タヌさんとロフト・ハンズの石けんコーナーチェックしたときに見つけてしまった、噂の(笑)1050円コエンザイム石けん。
裏の表示を見ると、石けん分90%としか書いてない。残りはなんだ〜?グリセリン?過剰油脂?それともコエンザイム!?(←んなわけないか)とりあえず不当表示になるのでやめましょう。でも、あきらかにやっつけ仕事なパッケージだよね・・・

投稿者 tururiko : 00:00 | コメント (2) | トラックバック


(C)Copyright 2005 tururiko All rights reserved.